ためらいがちな真珠あるいは虹の橋のタラ

謹賀新年

最近あっという間に時間が過ぎて、1年もはっという間に過ぎてしまう。
気が付いたらもう2013年の元旦だ。

昨年末は、初めてFMの年末特番に参加。
スタッフみんなで湯豆腐を食べて大晦日の夜9時からオンエアスタート。
イタリアから一時帰国しているKちゃんも飛び入り参加してくれて
とってもにぎやかな特番になった。
進行表もまったくなく、その場その場でワイワイお喋り。
今回はKちゃんから簡単なイタリア語を教えてもらったり、
イタリア話を披露してもらったりで、いつもの放送とは少し違った雰囲気。

私は11時半からWOWOWで生中継される桑田ライブを見るために11時で退場。
帰宅してから、お留守番してくれたヒロと二人で「年越しそば」を食べながら
ライブ観戦(観戦というのはおかしいかも~?)

さて、今年2013年の私の目標は「掴む」。
この目標は昨年の11月末ころからくっきり私の心に浮かんできていたもの。
2013年は私にとってまたまた「チェンジ」の年になるような予感が・・・

何故なら・・昨年の秋の終わりに「白い虎」を飼っている夢を3日続けて見たのだ。
夢の中でその虎をまるでタラの生まれ変わりのように慈しんでいた。

同僚が調べてくれた夢占いでは
虎を飼い馴らす夢は、権力や名誉や成功を手に入れる前兆だとか・・・
おおっ!縁起がいい夢だわ~と思ったが、
なぜか夢の中で私は最後のシーンでその虎にお尻を噛まれる。

虎に襲われる夢は病気などが予兆されるとか・・・

飼いならしてお尻を噛まれる私はいったいどうなるのだろう(笑)

この話を友人にするとみんな爆笑する。

なにはともあれ、素敵な何かを掴んでいる自分をイメージして
1年間頑張って過ごそう!
[PR]
# by anuenue_tara | 2013-01-01 21:48

真珠の耳飾りの少女

神戸市立博物館で開催中のマウリッツハイス美術館展に行ってきた。

マウリッツハイス美術館ってどこにあるの?
・・・それはオランダらしい。
d0117031_10293216.jpg

でも有名なこの絵は誰でも知っているはず。
思いのほか絵が小さかったので驚いたが、近くで見るととても綺麗。
複写画が売られていたが、当然のことながら立体感がまったく違う。
本物はやはり素晴らしい。
駆け足で鑑賞したのだが、見に行ってよかった053.gif
[PR]
# by anuenue_tara | 2012-12-24 10:31

3回忌

d0117031_20422850.jpg

タラが天国に旅立って今日でまる2年。
人間でいうところの3回忌・・・
わずか3か月の闘病で逝ってしまった親孝行のワンコだった。
悲しいとか、いなくて寂しいという気持ちより、
思い出がいっぱいで、「素晴らしい14年間だったな~」という気持ち。

昨日は忘れないようにお供えのアレンジメントを買ってきた。、
そして、今日は職場の後輩ちゃんが「りんごをお供えしてください」と
ロッカーの前に置いてくれていた。

思わず泣けてきた・・・
りんごは闘病中にずーっと食事に入れていたから、
きっと天国で大喜びしていると思う、ブンブン尻尾を振って・・・(笑)

d0117031_20511271.jpg

後輩ちゃんが気を遣ってくれるほど私はタラの話をたくさんしてるんだね。

今日は命日だから、いろんなことを思い出して思い切り懐かしんで・・・・

泣いてあげよう。

そして、久しぶりにお気に入りのタラちゃんを・・・

d0117031_20564999.jpg


やっぱり、可愛い!
[PR]
# by anuenue_tara | 2012-11-29 20:55 | タラ星ものがたり

久しぶりに

先週の「はり重」の記事、なんと9か月ぶりのブログ更新。
その「はり重」に一緒に行った職場の後輩がブログを始めたと聞いて、
なんだか私もまた書きたくなってしまって・・(笑)
これからはなるべく書く時間を作っていこうと思う。

さて、後輩といえば、現在の職場の後輩たち、
二人ともフルタイムで働くママさんだが、
子供のためにときどきお弁当を作っているらしい。
キャラ弁?というのか、なかなか大変みたい。

Yちゃんのお弁当。
ワンピースのキャラで、「ルフィ」だとか・・・
d0117031_010139.jpg

口の悪い同僚に「ちびまるこ?」とか言われて本人も大笑い。
腕を磨いていきましょう(笑)

こちらは、Sちゃんのチョッパー。少し慣れているかな?
d0117031_0151362.jpg


ネットで検索すると、もっとすごいキャラ弁がたくさんアップされているけど、
仕事を持つママさんとしては、キャラ弁を作ろうという意欲だけでもエライ!
[PR]
# by anuenue_tara | 2012-10-22 00:18

はり重

「はり重」で、すき焼きランチを食べてきた。
職場の同僚たちと4人でワイワイと・・058.gif
10代の頃からの憧れのお店「はり重」・・・初めて訪れた。
道頓堀、松竹座のお隣。
1階はグリル、すき焼きは絨毯敷きの階段を上がって2階のお座敷でいただく。
年季の入った仲居さんの関西風のキャラが素敵!
d0117031_23564077.jpg

きれいなお肉。
d0117031_23571485.jpg

シンプル イズ ベスト。
お肉は大きく柔らかく、量もちょうど良い加減。
憧れの初「はり重」は満足のお味。
そういえば、初めて勤めた会社が心斎橋にあったので、
当時は、「明治軒」「リプトン」「ウイリアムス」「チロル」「不二家」など、
毎日楽しいランチタイムを過ごしていた。
会社の入っていたビルには最上階に「つるのす」というステーキハウスがあり、
このお店は山崎豊子さんの「花のれん」という小説に出てくる。
若かった私は、ステーキは予算的に食べられなくて、たいていビーフピラフ。
それでも、上質のお肉で炒めたコクのあるピラフは今でも忘れられない味。
「はり重」を出て心斎橋筋を北上しながら、そんなことを思い出していた。
[PR]
# by anuenue_tara | 2012-10-14 23:55