ためらいがちな真珠あるいは虹の橋のタラ

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「按針~イングリッシュサムライ~」

日英共同プロジェクト「按針~イングリッシュサムライ~」
1月22日から31日まで シアタードラマシティで上演中

シェイクスピアの時代のイギリスと、徳川家康の時代の日本を股にかけた
ウィリアム・アダムス(日本名を三浦按針)はイギリス人の船乗り。
のちに日本史上ただ一人の青い目のサムライとなる。
その激動の人生と徳川家康・宣教師・戦国武将たち・外国人商人たちが織りなす
大歴史劇・・・

~ストーリー~
エリザベス女王の時代、イギリス人船乗りのウィリアム・アダムスは
オランダの船リーフデ号で嵐に見舞われ日本に漂着。
彼の乗っていたリーフデ号という船には大砲や鉄砲などの武器が大量に積み込まれていた。

その頃、日本は戦国時代の終わり。
豊臣秀吉が亡くなり、徳川家康の力がぐんぐん大きくなっていた頃。
家康は漂着したアダムス達外国人を生かすも殺すも自由自在。
通訳を通してアダムス達が敵か敵ではないのかを判断するわけだが、
その通訳とは・・日本でキリスト教の布教活動をしている
スペイン・ポルトガルのイエズス会の宣教師達。
その頃のイギリス・オランダとスペイン・ポルトガルというのは
同じキリスト教でもプロテスタントとカトリックという宗派の違いからいがみ合っていたので、
イエズス会の宣教師達は邪魔なアダムス達が処刑されるようでたらめの通訳をする。
ところがそのイエズス会には日本人の宣教師ドメニコという人がいて、
家康の前で正確に通訳をし、アダムス達の命は助かる。

そして家康は、そのアダムス達の船に積まれていた武器を使って
関ヶ原の戦いで勝利し天下人となる。
天下人となったその後も家康はアダムスを側から離さず、
算術や天文学など西洋の学問の吸収に励んでいく。
というのも家康は生まれてから一度も日本から出たことがなく世界を知らなかったから・・・


一方、アダムスも日本人宣教師のドメニコの助けを借りて日本の文化を学ぶが
やはりイギリスへの望郷の念は絶ちがたい。
何故なら・・・母国のイギリスに妻や子どもを残してきているから。

しかし、家康はアダムスの帰国を許可しないばかりか、日本での妻をめとることを命じ、
三浦地方(現在の横須賀)の領地を与え「三浦按針」という日本名も与え、
アダムスは史上初の青い目のサムライとなる。按針というのは船乗りという意味がある。

そして按針(アダムス)が日本に漂着してから10年以上の月日が流れ、
彼には妻と二人の子どもという日本での家族ができていた。
そんなある日、日本にイギリスからの商船が到着。
按針(アダムス)が祖国イギリスに帰れるチャンスがきた!

その頃の家康は、豊臣家を壊滅させ、将軍の座を息子の秀忠に譲り、
穏やかに余生を送りつつあり、アダムスに「帰国しても良い」と言う。

さて、按針はイギリスに帰ることになるのか・・・・

見どころは何と言っても、主役の按針(ウィリアム・アダムス)を
トニー賞の授賞経験もあるイギリスの一流俳優が演じていることと、
その他何人ものイギリス人俳優が参加していて、
そしてその舞台は日本語と英語が飛び交うリアルな空間・・・ということ。
特に、通訳を通して話をすることのもどかしさ、言葉が通じないことへの不安と絶望など、
とてもリアルに感じた。
これは、日本人が金髪のカツラをかぶって演じるのでは感じられないリアル感。

さて、英語のわかるお客さんはいいが、私のように英語がチンプンカンプンの人には・・・・
「字幕」があるので、どうぞご安心を~。

そのトニー賞受賞経験もあるという、按針役のオーウェン・ティール、
演技はもちろん素晴らしく、日本に漂着したときのパニック状態から、
家康に寵愛されてだんだん青い目の侍として日本人らしくなっていく過程を
見事に演じている。
そして、その姿が格好いい!癖のある髪をまとめて、袴姿で刀を腰に差し、
最初の頃は女性のように横座りしていたのが、
最後にはきれいなお辞儀ができるようになっていく。
特に感動したのは、イギリスの船がやってきて、
自分も母国に帰ることができるかもしれないという時、
そのやってきたイギリス人達と会う場面では、
「あ・・この人はもう完璧な日本人になってしまった」と感じさせられること。
この瞬間に観客には結末が見えると思う。


このお芝居に流れているもののひとつに、「孤独」というものがある。
戦国時代を勝ち抜き、将軍となった家康の「孤独」・・・
幼い頃から人質に取られたり、戦国の時代を生き抜くために我が子を切腹させたり、
戦国大名達を裏切ったり裏切られたり・・という背景が晩年の家康に大きな孤独をもたらし、
またその家康に寵愛された按針にも、見知らぬ国での孤独、
イギリス人でもない日本人でもない「自分は何ものなのか」という孤独、
そして家康の死後、一人残された孤独・・・がひしひしと感じられます。


そして、私の個人的「鼻ツーン」場面。
豊臣秀頼の息子国松に家康が諭すシーン。これは鼻にツーン・・泣きそうになった。
「おまえは素晴らしい子どもだが、豊臣という名がこの世にあると
また日本はその名前を利用して戦を起こす奴が現れる。
日本の平和のために立派に死んでくれ」と手を取ってさとす・・・
国松というのは豊臣秀吉の孫でもあるが家康のひ孫でもある。
幼い国松は家康の話をしっかり理解して見事に処刑される・・
・平和を願う家康の辛い心と国松のけなげな姿に感動。

今年も年始から素敵な舞台に出会えてしあわせ~☆

072.gif072.gif072.gif072.gif
[PR]
by anuenue_tara | 2010-01-23 16:01 | IMPRESSION☆感動

ミュージカル「パイレート・クィーン」

2010年最初の観劇は、ミュージカル「パイレート・クィーン」。
1月1日~11日まで梅田芸術劇場で上演中。

スペクタクル・ミュージカル・アドベンチャー「パイレート・クィーン」は
アイルランドの歴史に名を残した類まれなる女性グレイス・オマリーの物語。

女性が船乗りになることなど許されなかった時代、彼女は実力で海賊船の船長となり、
当時のイングランドの王エリザベス一世と堂々と渡り合い
祖国アイルランドの運命について意見を交わした女性として、
数百年後の今も生き生きと語り継がれているそうだ。

舞台でも主人公グレースとエリザベス一世の会談のシーンが物語の要の一つとなっている。
血を流して戦い、騙し騙されて勝利を獲得することに躍起になっている男性たちを尻目に、
お互い心を開いて祖国やそこに住む人々のことを語り合い、理解し合って、
戦いをやめる決断を下すことが賢い女性の選択だった。

~ストーリー~
16世紀、アイルランドは隣国イングランドの属州となり各部族の争いが続いていた。
グレイス・オマリーはオマリー一族の族長の娘で
「船乗り」になることを夢見るおてんばな女性。
「女が船に乗ることは許されない」時代ではあったが、熱意と実力を認められ、
「海賊の女王」と呼ばれ、活躍する。

一方イングランドには正真正銘の女王、エリザベス一世が誕生していた。
エリザベスからアイルランドの完全征服の使命を受けて、
臣下のビンガム卿はアイルランドに向かう。

そんな中、アイルランドでは、イングランドに対抗するため、
オマリー一族とオフハラティー一族が政略結婚を計画。
オマリーの娘グレイスとオフハラティーの息子ドーナルを結婚させて、
国内での部族の和をはかり力をつけようということ。

グレースには心に決めた恋人ティアナンがいたが、
祖国のためその恋をあきらめ政略結婚に従う。
そして心やぶれた恋人ティアナンは、それでも臣下としてグレイスを一生守っていこうと決意。

結婚によってグレイスは男の子を出産。その直後イングランドとの戦いが始まる・・・・
一時は勝利を収めるが、夫ドーナルの裏切りによって
グレイスはイングランドに囚われてしまう・・・

「パイレート・クィーン」の見どころ
①「アイリッシュダンス」
上半身はほとんど動かさず下半身のステップだけで(タップダンスに似たステップ)踊る、
素朴で躍動的なダンスが随所で披露される。
このアイリッシュダンスの振り付けは、かの有名な「リバーダンス」世界ツアーに
8年間関わったという キャロル・リーヴィ・ジョイス が担当 。
そして本場アイルランドやイギリスから本物のアイリッシュダンサーが
何人か参加しているので本格的アイリッシュダンスが披露さる。
見ているだけで心が躍り出すような素晴らしいダンスが何度も見られる~
これが最大の見どころと言えるだろう。

②対照的な二人の女性
「パイレート・クィーン:海賊の女王」グレイスと、「イングランドの女王」エリザベス一世。
イングランドからは未開の地とされていたアイルランドに生まれ船乗りとなった
お転婆娘グレイスとイングランドの女王に即位したエリザベス、すべてが対照的。
グレイスは結婚をして子供を産み、そして結婚が破綻しても陰で支えてくれる恋人がいる。
一方、エリザベスは権力はあるものの、独身で恋人と呼べる人もいない。
物語の後半でこの事実がエリザベスの決断に影響を与える。
よく「女の敵は女」とよく言われ、立場や環境の違う女性同士の対立はよく話題になるが、
この対照的な二人グレイスとエリザベスは、最後には心を開きあい賢い選択をする。

③衣装の美しさ
海賊グレイスを保坂知寿、エリザベス女王は涼風真世が演じている。
グレイスの衣装は「海賊」だから・・綿や麻のドレス・皮の外套・船乗りのパンツ姿など
質素で地味なものが使われている。
一方エリザベスは「本物の女王」なので、絹やベルベットのドレス、
ベースカラーは、金・赤・黒と非常にゴージャスなものが使われている。
女性の私としては、衣装的には涼風真世演じるエリザベス一世にうっとり・・・

④歌声
ほとんどすべての台詞が歌で表されている。まるでオペラのよう。
キャストが素晴らしい歌声を披露、なかでもやはり二人の女王の歌声は印象的。
劇団四季で主役を何度も務めた保坂知寿、元宝塚の涼風真世、
それぞれの個性を最大限に発揮。特に涼風真世の高音は素晴らしい。聴き惚れてしまう。

そのほか、絵本をめくるようにスピーディに進むストーリー、
躍動的な海賊船と豪華なエリザベスの城の「動」と「静」の切り替えの巧みさ・・
そして、生のオーケストラ演奏など、見どころ満載!
お正月にふさわしい華やかなステージだ。

072.gif072.gif072.gif
[PR]
by anuenue_tara | 2010-01-09 15:44 | IMPRESSION☆感動