ためらいがちな真珠あるいは虹の橋のタラ

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ミュージカル「アイーダ」

食わず嫌い・・・だった「アイーダ」。
どうも小説も映画も舞台も、テーマが「ラブストリー」だけ、
というのは苦手で避けていた。
ところが、FMでインタビューをすることになり連休の最終日の今日、
梅田芸術劇場に見に行ってきた。
やはり、ストーリーは「愛」。でもなんだかそれだけじゃ物足りない。
インタビューの相手は、王女アムネリス役のANZAさん。
そのせいかどうも私の視線はアイーダよりアムネリスに行ってしまう。
・・・で、このブログではアムネリスを主人公にしてしまおう~006.gif

アムネリスはエジプトの戦士ラダメスに好意を抱いている。
ラダメスは強くてたくましく、誠実で、しかも格好いい!
ところがラダメスは敵国エチオピアから捕虜として連れてきたアイーダに
好意を抱いているようだ。アイーダは敵国エチオピアの王女。
そんな相手にラダメスを取られてはならない。
なぜなら、アムネリスは強い男と結婚してエジプトを
背負っていかなければならないのだ。
その強い男とは、ラダメス以外にあり得ない。
アムネリスはあることを仕掛けて二人の気持ちを確認する。
思った通り、ラダメスとアイーダは愛し合っている・・・愕然とするアムネリス。

一方、ラダメスとアイーダは駆け落ちを企てる。
1年に一度、ファラオ(エジプト王)が兵士の警護なしで過ごす夜がある、
その夜に二人で逃げようとラダメスはアイーダに言うのだ。
決心したアイーダは、その「ファラオが一人になる夜」を
父であるエチオピア王に漏らす。
そして、その夜は訪れ、ファラオは暗殺され、アイーダは祖国に連れ戻され、
ラダメスは・・・裏切り者として囚われる。
そしてアムネリスはファラオとなり再びエチオピアを叩きのめす。

戦いは終わり、アムネリスは愛するラダメスを
「裏切り者」として処刑しなければならない。
一人の男を愛することをあきらめてアムネリスはファラオとして決断する。
生きたまま地下に放り込まれるラダメス。
そしてラダメスを追って地下に入っていくアイーダ・・・
二人は永遠の愛を手に入れ、アムネリスは毅然とファラオを続ける~。


なんて格好いいの~アムネリス!
やはり、凛とした人間は格好いいではないか017.gif
私はアイーダよりアムネリスが好きだ。(ひねくれてる?)

072.gif072.gif072.gif
[PR]
by anuenue_tara | 2009-09-23 22:24 | IMPRESSION☆感動

「コーラスライン」

d0117031_1416516.jpg


ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」を観てきた。
兵庫県立芸術文化センター大ホールにて。
英語なので舞台の両側に字幕が立つ。

舞台装置は鏡のみで、とてもシンプル。
客席は平日のお昼間なのにほぼ満席で、年配の方が目立つ。

コーラスラインとは舞台に引かれた白いラインのこと。
そのラインを超えて前に出ては行けないコーラスダンサーの境界線。
主役ではなくそのコーラスのオーディションを受けるダンサー達の物語。
17名の男女から最終的に選ばれるのは8名。

演出家のザックはその一人一人にダンスや歌だけではなく
「それぞれの人生」を語らせる。
そしてそのダンサーの中には挫折したかつての恋人キャシーも入っていた・・・

キャシー役のロビン・ハーダーが少し太めだったのが違和感有り。

チビの私はオチビさんのコニーは誰がやっても親しみを感じるが、
できれば、
前回本場ブロードウェイでコニーを演じた日本人ダンサーで観たかった。

このコーラスライン、映画で観ても必ずラストに泣く私。
今回も、キンキラ衣装で「ONE」を踊るダンサー達を観て
涙が吹きこぼれた~(T_T)
私は舞台女優としてコーラスラインにさえも立てなかったし、
努力もしなかったのよね~(^^;)
そんな気持ちで胸がいっぱいになったのに・・・・
演出家の意向で、アンコールは無し!
なんと・・・興ざめ・・・。

072.gif072.gif072.gif
[PR]
by anuenue_tara | 2009-09-04 21:42

絶品スィーツ

東京は六本木にあるミッドタウンに行ってきた。
ガレリアでウインドウショッピング。
d0117031_13331013.jpg

私好みのお店が揃っていて、何か自分にお土産・・・
と思ったけれど我慢・我慢。

白金台や代官山・中目黒などをパスしてミッドタウンに立ち寄ったのは
「鎧塚」さんのスウィーツのお店があるから・・・
d0117031_13424521.jpg

ちょうどお昼時だったのでさほど待たされず、30分ほどで案内された。
店内は入って右側が販売コーナー、
左奥がカウンターでの飲食スペースになっている。
パティシエが3人、黙々と立ち働いていて、
その中の一人がオーダーをとってくれる。
なんと、その人が鎧塚さん!
かの川島なお美さんの旦那様、話題のパティシエ。
写真などで見た感じと少し違って、すごくソフトでハンサム。

オーダーは、
私が桃のコンポートとグリオットチェリーのビスキュイ、
d0117031_13554730.jpg


友人はレモンとグレープフルーツのスフレ、
d0117031_1356505.jpg


どちらもさすがのお味。
スウィーツ苦手の私も大満足。
お鮨屋さんのようにカウンターで作ってくれるのも新鮮。
アイスクリームをなめらかに丸くして盛りつけるワザも見たし、
スフレがオーブンで焼かれる様子も・・・
ビックリしたのはドリンクメニューにワインがたくさんあったこと。
ワインにスウィーツ・・・って合うのかしら?
飲めない私は確かめるすべもなく・・・
でも、そういえば奥様はかなりのワイン通だったっけ(笑)

カウンター奥には奥様の愛犬シナモンらしきぬいぐるみが飾られていた。
きっと、ラブラブなのね~(^_-)
d0117031_14103633.jpg

[PR]
by anuenue_tara | 2009-09-03 22:13