ためらいがちな真珠あるいは虹の橋のタラ

初めてのピアノリサイタル

赤松林太郎さんのピアノリサイタルに行ってきました。
場所は神戸芸術センター シューマンホール。
オペラ鑑賞の経験はあるけれど、クラシックのコンサートは初めて。
まず、服装から。少しオシャレしてネックレスを着けて、
ダウンコートに黒いファーの襟巻きをつけていきました(笑)

とても可愛いホールで、100人ちょっとの客席。
赤松さん自身も演奏前のトークで
「もう少し大きな会場でも良かったのですが」と言っていたけれど、
この会場の名前は「シューマンホール」・・・赤松さんは10年前にドイツの
「第3回クララ・シューマン国際ピアノコンクール」で入賞。
シューマンという名前にこだわったようです。

途中15分の休憩を入れて、5曲とアンコール3曲を演奏。
どの曲も全く知らない曲でしたが、ピアノの音色に惹かれて、全く退屈せず。
客席の何人かは寝ている人もいたけど、あまりの心地よさからでしょう(笑)

アンコール1曲目がやっと知っている曲でした!
それにしても、ピアノってすごく体力いりそうですよ~。
赤松さん、1曲演奏するたびに(15分くらいね)耳まで真っ赤に高揚。
パワーはいりますね。

クラシック、なかなかいいなぁ・・と思いました。
私って、自分には才能全くないけれど、やはり音楽が好きなんだ~♪
演歌でもサザンでもジャズでもクラシックでも、なんだって聴くの大好き♪

次回はヴァイオリンがいいかな~(笑)
[PR]
by anuenue_tara | 2009-01-11 19:33 | IMPRESSION☆感動
<< グットナイトスリイプタイト 年越し箸休め >>