ためらいがちな真珠あるいは虹の橋のタラ

宮城ライブ

震災からちょうど半年となる9月11日、
桑田佳祐「宮城ライブ~明日へのマーチ」へ行ってきた。

チケットぴあに3時間並んでやっとのことでチケットをGETしたライブ。

d0117031_188389.jpg

d0117031_188357.jpg

d0117031_1885442.jpg


時間ぎりぎりで、仙台空港やら仙台駅東口やらを必死にダッシュして
やっとたどりつた宮城セキスイハイムスーパーアリーナ。
この会場、震災被害のご遺体が安置されていた場所だったとか・・・
亡くなられた方たちの魂とともに、佳ちゃんのライブを楽しみたいと思い参加したのだ。

ライブの初めに全員で黙とう。
すでにこの時点で涙もろい私はグズグズに・・。
もし私があの津波で命を落としていたとしたらら、このライブをきっと喜んでいると思うが、
はたして会場に安置されていた方々はどう思うのだろう?
喜んでくれただろうか?

佳ちゃんのつくる曲の歌詞に「とめどなく涙が流れる」というフレーズが
よく出てくると思うが、今回初めてとめどない涙というものを流した。
泣こうと思っていないのに涙が流れる・・・
佳ちゃんは湿っぽい話はほとんどしないのに、私の胸は感動でいっぱい。
私の後ろの席の女性は何度も「あいがとう~!」と叫んでいた。
ほんとうに私もそう思う。

あんなに素晴らしいライブをありがとう~。
みんな元気になって帰って行ったと思う。

d0117031_20592338.jpg

[PR]
by anuenue_tara | 2011-09-19 18:19 | サザンオールスターズ
<< 15歳 町屋アートチャリティ >>