ためらいがちな真珠あるいは虹の橋のタラ

今井美樹のコンサート

略奪愛・・大きな口・・素敵な歌詞だけどメリハリのない曲・・

それが私の中の「今井美樹」。

友人に誘われてついて行ってみた。

しゃべり方が江角マキコに似ていた。

曲と曲の間に30秒近く(時にはそれ以上)間ががあり、なんとなく違和感があった。

その「間」に、今井美樹がスタッフにコショコショ指示なのか相談なのか話しているのが

モロにマイクにのっていて、これも何だかな~という感じ。

そしてビックリしたのはコンサートなのに「休憩」時間が設けられていたこと!

ちょっと、勢いというかつながりというか・・ブチッ」と切られる感じがした。

が・・・不満はこれくらいにして、結果的には「とても素敵な」コンサートだったと思う。

彼女の声は。何とたとえたらいいのか・・

癒されると言ったらあまりにも平凡な表現になるけれど・・・良い言葉がみつからない。

休憩をはさんで、アクティブなステージが始まり、

アンコールは「Piece of My Wish」(泣けた・・。

ラストナンバーは知らない曲だった。

今井美樹に抵抗感がずーっとあったのは確かだけれど、

やはり音楽♪って素晴らしい。

彼女を少しだけ見直した・・かな?
[PR]
by anuenue_tara | 2011-06-26 22:46 | IMPRESSION☆感動
<< 文章教室第2回 エッセイ教室 >>