ためらいがちな真珠あるいは虹の橋のタラ

映画 「アリス・イン・ワンダーランド」

「アリス・イン・ワンダーランド」、やっと見てきた~。
先週、見に行ったものの満席でみられなかったので、水曜日にリベンジ!
前日に3Dの席を予約して、無事見てきた~。

面白かった~。3Dって、リアル。
映画の中で、お皿が飛んできたり、蝶々が飛び回ったりする場面があるのだが、
すぐ目の前まで飛んでくるので「ひゃ~」と声が出そうになったり、
「おやおや」と手が出そうになったり・・と、映画の画面の中に自分も入っているような、
そんな感じで2時間を過ごした。

一緒に行った友人は、メガネの上に3D眼鏡をかけると痛い・・と言っていたが、
私も近視なので眼鏡をかけてその上に3D眼鏡をかけたけれど、顔が小さいからなのか、
全く違和感なかったわ(^_-)。

ストーリーは、ご存じのとおり、主人公のアリスが不思議なウサギを追いかけて
穴に落ちてしまい、不思議な世界に入り込んでしまう・・というもの。
ファンタジー苦手な私、アリスのお話は詳しく知らないのだが、ストーリーは知らなくても、
・映像の美しさ ・動物たちの表情の豊かさ ・ブラックジョーク など、
十分に楽しめた。この春オススメの一本!


私のお目当てはジョニー・デップ・・素敵~016.gif
この「素敵」は普通の「素敵」じゃないのよ。
大好きなモッくんにも通じる、なんか尋常じゃない雰囲気が私を虜にする~012.gif
何故この人がこんなに素敵に思えるのか私自身でもわからない。
けっこう危ないキャラを演じてばかりなのに・・・素敵053.gif
初めてジョニー・デップを観たのは映画「ギルバート・グレイプ」。
いつもつまらなさそうな顔してたお兄ちゃんの役(弟はレオ様)・・・
この映画の中ではアリスを助けてくれる帽子屋ハッターの役。

そしてもう一人、終わってから「やっぱり~」とわかったのだが、
「赤の女王」という冷酷な女王の役を演じていたのが、ヘレナ・ボナム・カーター。
イギリスものの映画には欠かせない女優さん。
今回は頭の異常に大きな女王を演じていたが、いつもと違い、なんだかコミカルで可笑しかった。

ジョニー・デップとヘレナ・ボナム・カーター、
この二人、「スイニートッド」という映画でも共演していたが
二人とも不思議な魅力の俳優さんだと思う。

楽しく見終わってルンルンで帰ったものの、パンフレットを買い忘れ愕然007.gif
[PR]
by anuenue_tara | 2010-04-29 19:49 | IMPRESSION☆感動
<< 「薔薇とサムライ」 映画 「シャッター・アイランド」 >>