ためらいがちな真珠あるいは虹の橋のタラ

「かたりの椅子」

昨日の土曜日(27日)、シアタードラマシティで上演された「かたりの椅子」を観てきた。
作・演出 永井愛 ということだったので、興味があったのだ。
というのも、何年か前に上演された「歌わせたい男たち」というお芝居が
印象的だったから。
学校の卒業式での国旗(日の丸)掲揚・君が代斉唱問題を扱った作品で、
非常に面白かった。
それも永井愛さんの作で、デリケートな問題をどちらかに偏ることなく、
少し滑稽に表現していた。
今回の「かたりの椅子」は、町おこし・官僚・根回しがキーワード。

地方にある架空の街、かたり市で町おこしのイベントが開かれることになる。
実行委員会が開かれるのだが、
天下り官僚である文化財団の理事長の無難でありきたりな案と、
若手デザイナーの斬新な案があり、
委員たちやプロデュースを任された主人公のりんこ達は、
はじめは斬新なデザイナー案を支持し理事長と戦おうとする。
ところが、ミイラ取りがミイラになったり、板挟みになった下っ端役人が病気になったりと、
どんどん形勢が不利になっていくのだ。
結局は、最後の委員会が始まる・・・という直前で幕が閉じ、
結論は観客に想像させる。
もちろん天下り官僚が悪者っぽくは描かれてはいるが、
正義の味方だったはずの主人公も後半には怪しくなっていく。

貫き通せない人間の弱さや醜さを批判するのは簡単でだが、
果たして自分がその立場だったら・・・
そんな気まずさを感じるファジーな結末に、永井愛の巧みさを感じた。

拳を振り上げて「こうなのよ!これが正しいのよ!」というより、
「考えてみてください」と言っているのだろう。

「歌わせたい男たち」と同じく「かたりの椅子」も見終わって「う~ん・・・」と考えさせられる作品。
そして、最後の場面で主演の竹下景子が大声で怒鳴る場面にビックリ!
あんな声が出るのだ・・と、さすがはプロの女優さんだ~。
あと、照明だけで場面転換をする手法も面白かった~。

072.gif072.gif072.gif
[PR]
by anuenue_tara | 2010-03-28 19:10 | IMPRESSION☆感動
<< 「ヘンリー六世」 「なにわバタフライ」 >>